権力を求めることに対する印象について

Pocket

本来であれば権力を求めるのは当然

ただ、政治家が権力を強く求めた場合、どうしても批判的な目で見てしまう人が多いです。
ただ、本来であれば権力を求めることは、政治家として当然のことだと言えるのです。
権力を求めることで、本当の意味で制作を実現させることができるので、口だけの政治家よりもよっぽど信用できるのです。
もちろん、権力の乱用や行き過ぎた権力は避けるべきですが、積極的に政権を持つことは何も悪いことではないのです。

結局行動をしなければ何も変わらない

いくら口で色々と言ったり、じっくりと検討や議論を重ねたとしても、結局は行動をしなければ何も変わらないのです。
もちろん、安易な行動はすべきではありませんが、日本をもっと良くするために、積極的に行動することは大いに評価されるべきことだと言えます。
だからこそ、政権をしっかりと運用できるようにして、ある程度の権力を握ることが必要になってくるのです。

もちろん政権自体が目的になってはいけない

ただ、あくまでも政権は、政策を実現させるための手段ですから、政権自体が目的になってしまってはいけません。
政権を握ってそれで満足してしまっては元も子もないので、そこは勘違いしてはいけないのです。

Pocket