意外とシンプルな国会の仕組み

Pocket

年に1回招集される通常国会

まず通常国会ですが、必ず毎年1回招集されることになります。
国会における最高機関となっており、翌年度の予算案が主な議題となります。
法定では150日が会期となっていますが、会期の途中で議員が任期を満了した場合には、そこで会期の方は終了となります。

衆議院解散による開かれる特別国会

次に特別国会ですが、こちらは衆議院が解散をした場合に、総選挙が終わってから30日以内に招集をして開かなければなりません。
そして特別国会では、内閣総理大臣を指名することになります。

必要に応じて開かれる臨時国会

最後に臨時国会ですが、こちらは必要がある場合に招集され開かれることになります。
総議員の4分の1以上の要求があった場合には、招集を決めなければならないのです。
現時点で37回の要求がありましたが、そのうちの34回が招集されています。

とりあえず種類だけ覚えておきましょう

このように、国会には種類があるわけですから、詳細な内容やその理由まで無理に覚える必要はありません。
とりあえず今の段階では、種類だけ覚えておけば問題ありませんし、むしろ詳しいことまで覚えようとするとごちゃごちゃになるでしょうから、このような国会があるということだけ、頭の片隅に入れておくようにしましょう。

Replica Handbags http://www.inhandbag.com Replica Handbags Replica Handbags Replica Handbags,

Pocket