政治の知識よりも考え方を学ぶ

Buzz This
Pocket

難しい専門書を読んだところでどうにもならない

本屋や図書館に行けば、いろんな政治に関する本が置いてあります。
かなり難しいことが書かれた専門書も多数ありますが、そういった専門書を読んだところで、果たしてどれぐらいの人が理解できるでしょうか。
それ以前に、そういった専門書を読む気持ちになれる人が、まずかなり少数だと思います。
決して、専門書の存在を否定しているわけではなく、政治に興味を持つきっかけとしては、あまりにハードルが高いすぎると言えるのです。

自分なりの考えを持つようにする

例えば、政治に関するニュースを見た時に、「自分だったらこう考える」、「自分はこの政策には反対」など、自分なりの考え方を持つようにしましょう。
もちろん、それが正しい間違いは大した問題ではなく、自分で考えるということが大事なのです。

興味を持つきっかけは何でもいい

政治に興味を持つきっかけは、極端に言えば何でも構わないのです。
遊びや趣味をきっかけに興味を持つ人もいるでしょうし、たまたま地元に有名な政治家が演説に来ていて、それを見て政治に興味を持った人もいるかもしれません。

自民党政権を長く維持できるのはいつまで続くのか

今現在の日本では、自民党が政権を握っている状況です。
1955年に政権を握って以来、一時期民主党に政権を明け渡した時期もありましたが、この60年間のうちのほとんどを自民党政権が運用してきたわけです。

これほど自民党政権が一強状態になっている理由は

そもそも、なぜ自民党政権がこれほどまでに一強状態になっているのでしょうか。
その大きな理由に、リーダー力を挙げることができます。
簡単に言えば、リーダーが強力であれば、それだけ政権も長く運用させることができるのです。
もちろん、これは政治の世界だけでなく、現在注目を集めているマネフレの世界でも言えることですが。

強力なリーダーがいるメリットは

強力なリーダーがいれば、当然ですが多くの人がそのリーダーを信頼し、リーダーのために助け合うのです。
つまり、気持ちが1つになるので、その結果良い成果を出すことができるわけです。
もしリーダーが不安定だった場合は、下からの信頼も得られなくなく、その結果バラバラになってしまうです。
政治の世界では、上と下がバラバラなのは致命的だと言えるので、リーダーの存在はより一層重要なのです。

ライバルとなる政党がいないのも大きな理由

ただ、確かに自民党の政権力とリーダー力は素晴らしいものがありますが、自民党のライバルと言えるような政党がいないのも事実なのです。
自民党に対抗できるだけの組織力も持ち合わせていないので、結果的に選挙の際には自民党に大敗してしまう現状があるのです。

いつ勢力が変わるかは分からない

ただ、一時期とは言え、自民党も政権を明け渡した時期はあったわけです。
なので、いつ政治の勢力が変わるかは分からないですし、もしかしたら自民党に対抗できるだけの政党が現れるかもしれないのです。
いずれにしても、今後の日本の政治がどう変わっていくのか、どういった変化が生まれていくのか、これからもじっくりと注目していきたいところです。

若者の政治への関心が薄くなっているワケは?

近年、選挙における国民投票率の低下がよく取り上げられています。
第一回の総選挙では93%の投票率を誇っていましたが、近年は50%台を推移するようになりました。
とりわけ、20代の若い層の投票率の低さが深刻化していると言えます。

20代だけで見れば投票率は30%台

例えば、平成26年度の衆議院総選挙は、全体の投票率は52%でしたが、20代だけで見れば32%という投票率になっているのです。
つまり、20代だけに限定すれば、投票をしているのは3人に1人だけという計算になるわけです。
この数値を見れば、若者が政治への関心が薄くなっていると言われても、言い訳のしようがありません。

政治への関心が薄い理由

では、どうして若者はこれほどまで政治への関心が薄いのでしょうか。
もちろん、高齢化によって若い世代の民意が反映しづらいなど、そういった理由もあるかもしれません。
しかし、単に面倒であったり、投票をする意味もよく分からないなど、そのような理由で投票に行かない若者も少なくないのです。

どうすれば政治に関心を持ってもらえるのか

若者に政治に関心を持ってもらうには、どういったことが必要なのでしょうか。
やはり、今はインターネットの時代ですから、ネットでの投票であったり、ネットで細かいマニフェストまで確認できるなど、とにかく積極的にインターネットを活用することが求められるかもしれません。

投票の義務化も一部では検討されている

国によっては、選挙による投票を義務としているところもあり、投票をしなければ罰金などの罰則が設けられていたりするのです。
そのため、投票率を上げることだけを考えれば、投票を義務化するのも一つの方法だと言えますし、一部ではそれも検討されているのです。
ただ、それによって本当に今の現状を打開できるかと言うと、はてなの部分が大きいです。
果たして、どういった対策を取ることが、投票率を回復させるためにはベストとなるのでしょうか。

Buzz This
Pocket